東武東上線、志木駅から徒歩1分のギター教室!ギタースクールTSG - エレキギター/アコースティックギターOK

 
ギタースクールTSG
地図
お申し込み
レッスン内容
レッスン風景
TSG志木/新座教室
HOMEへ戻る スクールの目標 講師紹介 ギター教室への地図・アクセス お問い合わせ
   

ギタースクールTSG / 〜コラムの教室〜

2.エレキギターとアコースティックギター

僕が15歳の頃、最初に弾きだしたのはアコースティックギターでした。おじいちゃんに買ってもらったものでいまでも持っています。

もともと、ギターで弾き語りをする友達がいて、その影響ではじめたので、自分もアコースティックギターで弾き語りの伴奏をしたかったんですね。

その後、歌は歌わなくなりましたが(笑)

さて、アコースティックギターとエレキギター。これってギターを弾かない人には奏法に関する違いはあまりわからないようなので、簡単にご紹介します。

結論から言うと、アコースティックギターとエレキギターでは奏法が異なっている部分が結構あり、どちらかを弾けるからといって両方とも弾けるとは限らないんですね。

左手に関して言えば、アコギ(アコースティックギター)は弦のテンションがきついので、エレキに比べると押さえるのに力が入ります。ではエレキが楽なのかというと、また柔らかいなりの特有の押さえ方をしなければいけません。

右手はというと、エレキギターは「ピック」を使って弾くことが多いですが、アコギは指で弾く機会も多いです。

もちろん両方で共通する部分もあるので、その部分に関してはある程度どちらでも弾けるのですが、よくあるのがアコギをエレキギター的な奏法で弾いたり、逆にエレキをアコースティックギター的な奏法で弾いている方が多いです。

これに関してはいい面もあるので(それがオリジナリティになる)悪いと決め付ける訳にはいかないのですが、できれば、それぞれにあったフォームを意識しておけるとよいですね。

ギターは奥が深い!のです。

/杉山 つよし

当スクールの近隣駅
<東武東上線>
川越、川越市、新河岸、上福岡、ふじみ野、鶴瀬、柳瀬川、志木、朝霞台、朝霞、和光市、成増、下赤塚、東武練馬、上板橋、ときわ台、中板橋、大山、下板橋、北池袋、池袋
…等、各駅

<武蔵野線>
新秋津、東所沢、新座、北朝霞、西浦和、武蔵浦和
…等、各駅

「ギタースクールTSG」    TEL  048-287-9110
東武東上線「志木」駅より 「徒歩1分」 →地図はこちら
志木市、新座市、朝霞市の境目にあります!
「志木駅」は川越駅より20分、池袋より19分、新座駅より10分です!
お申込み・お問い合わせページはこちら